女性のための債務整理

自己破産の間違い

自己破産とは、よく聞く名前だと思います。
あまり良いイメージを持っていない方が多いという事も事実です。

 

なので、先に悪いイメージのついている内容のお話をしてから
自己破産についてお話していこうと思います。
では、単刀直入に

  • すべての財産を失う
  • 自由がなくなって海外旅行に行けなくなる
  • 車を持つ事ができなくなる
  • 戸籍や住民票に記載されてしまう
  • 仕事をくびになる

これ全部間違いです。
制限がかかってしまう事はありますが、一生ついてくるわけではないですのでご安心ください。
詳しくは、またまとめておきますので見ていただければと思います。

 

では、自己破産についてお話をしていきます。

自己破産とは

自己破産というのは、裁判所を通じて、借金を完全に無しにしてもらう手続きです。
自己破産をすると、不動産や生命保険など一定の財産を処分することになりますが(手放した財産は、換価され債権者への配当に充てられます)
原則として全ての借金を支払う義務が免除されます( 先に簡単にお話しましたが何もかもを持っていかれるわけではありません)。
その支払いをする義務が免除されることを免責と言います。
裁判所から免責決定が出されると、どんなに負債総額が多くても、たくさんの賃金業者から借りていたとしても借金から解放されることになります。

 

 

自己破産の良いところまとめ

任意整理でも書きましたが
手続きを進める事によって債権者からの督促が止まります。

 

消費者金融やクレジット会社だけではなく
住宅ローンや自動車ローンなどの支払いも免除されます。
ですが、税金など免除されないものもありますので注意です。

 

借り入れの事を考えなくてもよくなる。

 

自己破産の悪いところまとめ

自己破産をすると、信用情報機関に任意整理をしたという情報が登録されてしまいます。
そのことから、完済してから5年間ほどは新しく借り入れをする事と
クレジットカードの作成やローンを組むことが制限されてしまいます。

 

決まった金額を超える価値のある財産は手放す事になります。
ですが、手続きを全て終わらせた後は、自由に財産を所有する事ができます。

 

自己破産の手続き中(開始決定から免責確定まで)は以下のような

  • 保険外交員
  • 警備員
  • 宅地建物取引主任者
  • 証券外務員

などといった資格が必要な職業に就くことが禁止されています。
ですが、それは手続き中の事です。
なので、手続きが終わってしまえば資格制限は解除されます。

 

 

悪いところを読んで思った方が多いと思いますが
この事が、大げさに話されて広まってしまったため自己破産をすると
人生が終わってしまうというような誤った事を信じているのだと思います。

 

ちょっと笑い話になりますが、自己破産の都市伝説と言われることもあるようです。

 

 

〜その他の債務整理〜