女性のための債務整理

アヴァンスレディース

間違った解釈も多い債務整理の疑問まとめ

タイトルにも書いてますが、債務整理については間違った情報が広まっていたりして
女性だけに限らず男性でも不安に思っている方が多いと思います。

 

という事で、少しでも不安を取り除いてもらえるようにまとめてみました。

過払いのどうなの?

完済していても過払い金返還請求はできるの?

基本的には、完済している状況で手続きをするので大丈夫です。
利息制限法以上の利息で支払いをしていたのであれば、過払いになりますので請求できます。

.旧姓や旧住所でも過払い請求できるの?

旧姓でも旧住所でも大丈夫です。
その際は、借入名義の変更が必要になると思います。
あと、契約時の住所や電話番号の確認もあるかもしれません。

 

任意整理のどうなの?

取り立ての電話がかかってきているのですが、かかってこなくなりますか?

手続きを進めてもらうとかかってこなくなります。

保証人がいる場合はどうなりますか?

保証人の方に請求がいきますので、一緒に手続きをする必要があります。
保証人のある借り入れだけを外して手続きをすることも可能です。

家族に知られることなく任意整理できますか?

任意整理は、裁判所を通すことなく手続きできますので
家族の方が保証人になっていなければ知られないで手続きできます。

 

自己破産のどうなの?

良いイメージが無いですが実際はどうなのですか?

自己破産については、生活に影響が出るような話がよく言われていますが
実際には、そんなことはありません。
若干の制限はかかりますが、一生というわけではないのでご安心ください。

自宅は手放すの?

自己破産の場合は、手放す事になります。
もし残すという事でしたら、任意整理か個人再生を選ぶことになります。

自己破産をした時に処分する必要になるのは何がありますか?

不動産や生命保険の解約返戻金と自動車など20万円を超える価値のある財産です。
あとは、99万円を超える現金があれば返済に充てられます。
ですが、家財道具など生活必需品や20万円を超えない価値の財産は残ります。

自己破産をすると何もかも持っていかれるような事を聞きますが本当ですか?

1つまえの質問で回答しているように
家財道具など生活必需品や20万円を超えない価値の財産は残ります。
なので、生活に必要なものは残ります。

 

個人再生のどうなの?

自宅は手放さないといけないの?

個人再生は手放さなくても大丈夫です。
住宅資金特別条項というものがあるので手放さなくても手続きが可能です。

 

 

内容の追加はしていきますが、専門家の方に直接相談する方が
すべての疑問が解決すると思います。

 

すぐにでも、不安を解消したいとお考えでしたら直接聞いてみて下さい。
↓↓↓相談はこちら↓↓↓
アヴァンスレディース