女性のための債務整理

ブラックリストのイメージ

ブラックリストという名前をよく聞くとは思います。
ですが、このブラックリストというのは正式な名称ではないという事は知ってますか?
実際に、よく使われているし聞いた感じも良いイメージはないと思います。

 

では、先にこのブラックリストとの正式な名称をお話しておきますが事故情報と言います。

 

では、事故情報を詳しくお話していきますが
事故情報を、管理している機関があってその機関を信用情報機関と言います。
あとで、詳しく説明しますが以下のような

  • JICC
  • CIC
  • JBA

という名称を聞いた事があるのではないでしょうか。
上記しています、これらが信用情報機関です。

 

クレジットカードを作ったりローンを組んだ時に、これらの機関に顧客情報が登録されます。
ちゃんと支払いを続けていれば問題もなく良いのですが
ある一定の期間返済ができなかったり、破産したりすると事故情報として登録されてしまうのです。

 

この事を、一般的にブラックリストと言っています。
金融の業界では、実際にブラックリストという言葉は無いそうです。

 

なので、実際にはブラックリストという言葉が自然と広がって悪いイメージがくっついてしまった。
という風に思っても良いかもしれないですね。

信用情報機関ってなに?

ブラックリストのイメージの項目で信用情報機関について少し書きましたので
その、信用情報機関って何?
というふうに思ってる方もいてると思いますので詳しく説明しておこうと思います。

 

信用情報機関とは何をしているところなのか

ブラックリストの項目でも、書いていたようにブラックリストの管理などをしています。
これだと漠然としていて物足りないので以下にまとめます。

信用情報の収集と管理をしている

主な内容は

  • 本人の属性
  • 契約状況
  • 取引の状況

といった内容です。

 

これらは、申し込みをした時点で情報が提供されるのでその時に登録されます。
これについては、利用規約にも書かれていますので避けることは不可能です。

 

照会をかけてきた加盟会員への情報提供

申し込みをした事のある方ならば、ご存知だと思いますが審査が必ずあります。
その時に信用情報機関から、情報を提供してもらい審査をしています。

 

流れを説明しますと以下のようになります。

書類に必要事項を書いてクレジットカード会社などに提出して申し込み
   ↓
クレジットカード会社などは、その情報を信用情報機関に提出と申込をした人の情報の照会
   ↓
信用情報機関は受け取った情報の登録と申込をした人の情報を提供
   ↓
クレジットカード会社などは、信用情報機関から情報を受け取り審査をして申し込みをした人へ通知
   ↓
申し込みをした人は、問題が無ければクレジットカードの発行などが完了

どのような種類があるのか

日本にある信用情報機関は全部で3つです。
以前は、他にもありましたが統合したりして現在の3つになっています。
では、その3つの機関についてまとめていきます。

 

JICC 【指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構】

主に消費者金融と信販会社が会員になっています。
最も古い信用情報機関で、消費者金融系の信用情報機関と言われています。

 

CIC 【割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関 CREDIT INFORMATION CENTER】

主にクレジットカード会社と信販会社が会員になっています。
信販系の信用情報機関と言われています
ですが、銀行系の金融機関や消費者金融も加盟しています。

 

JBA 【一般社団法人 全国銀行協会】

主に銀行と銀行系のクレジットカード会社が会員になっています。
銀行や銀行系クレジットカード会社と銀行系の信用保証協会だけではなく
農協や信用組合そして信用金庫などといった銀行と同一視される金融機関が加盟しています。
あとは、この機関のみ自己破産の情報を登録しています。

 

 

最後に、この3つの機関ですが
CRINとFINEという信用情報のネットワークでつながっています。
このネットワークでは、ブラックリスト(事故情報)を共有できるようになっています。
なので、どれか1つの機関でブラックリストの登録されてしまうと
その情報は、3つの機関で確認することができるという事です。